デュッセルNEWS 2021年4月号

【あなたが思うより真面目です】

 

4月、新社会人の心構えと受け入れる側がなにかと取り沙汰される時期になりました。今年は「TELハラ」、電話対応をさせるのはハラスメントだという話が物議をかもしているようです。新人・旧人どちらも「そうは言っても」と言いたくなるのが古来より変わらない人の常。そうは言っても、同じ会社の仲間としてはなるべく早くわかりあいたいところ。旧人代表として、近年の若人と話していて「なるほどなあ」と思ったことを一例として共有したいと思います。

 

彼らには、「非常に真面目に仕事を考えているが、スキルとキャリアの区別がついていない」傾向を感じます。真面目なことにはすでに定評があるようです。真面目に授業に出て、インターンシップをこなし、必要と思えば資格取得・ダブルスクールにも余念がない。えらい違いです(笑)。

 

なにゆえそこまで真面目なのか。それが彼らにとって一番リターンを確実にする方法だったからです。真面目派が多数なら、学校・大学側も真面目さを優先評価せざるを得ない。私の高校などは1年の物理でいきなり東大の入試問題を出したり、生物では「パンダの色塗りをせよ」などと破天荒でしたが、今のご時世では「教科書に載っていない問題を出すなんて不真面目だ」と怒られてしまうでしょう。

 

そんな彼らは社会人になってもリターン、つまり自分が何を得られるかを考えます。ただ、高校や大学と違って社会人人生は長いし、どうも勝手がわからない。とりあえず、仕事を通して身につく「スキル」が見えれば、獲得を目指して真面目に取り組むでしょう。けれど、現実の仕事はゲームと違ってそうそうわかりやすくレベルアップするものではない。そうすると「ここにいても成長できない」で転職、というパターンは一定数存在します。

 

せっかくのご縁、なるべく長くお付き合いをしたいもの。最初はわかりやすい目標を示しつつ、「まだお主には早いが、ダークサイドスキルという奥義がある・・・これには早道も正解も終わりもない。CNDはその一つじゃ。CNDはそれぞれ、調整・根回し・段取りという。知りたいならば周りを見て、自分で学ぶがよい」など、お金を払って教えてもらう学生と、お金をもらって働く社会人の違いを見せてゆくことを意識してみてはいかがでしょうか。

フォースと共にあらんことを。

 

メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
代表取締役 小原暁子

 

 

virtual.drupa、いよいよ来週火曜日 = 420日にスタート!!】

 

4月20日(火)から4日間にわたり開催される、drupa 史上初の完全バーチャル展 virtual.drupa に、㈱小森コーポレーション富士フイルム㈱㈱ミマキエンジニアリングをはじめ日本企業は12社、全体では世界33か国200社超が参加します。本展は、出展者が自らの情報を発信する Exhibition Space、出展・訪問者どうしの交流を促進する Networking Plaza、業界関係者の関心事を取り扱う基調講演・パネルディスカッション出展者による製品・技術紹介イベントの情報をまとめた Conference Area の、3本柱で構成されています。印刷・メディア、そして包装・繊維といった関連業界が、世界中から熱い視線を送る2021年のグローバルイベント virtual.drupa へのご参加を、貴社のビジネス拡充に、ぜひお役立てください。

 

本展へのご参加は無料ですが、関心をお持ちの企業との連絡・オンライン会議の実現を助けるMatchmakingサービスのご利用、Conference Area にてご案内の各イベントへのご参加には、有効なアカウントが必要です。ご訪問にあたってのご不明点あるいはご相談は、詳細情報をご高覧のうえ、こちらよりお願いいたします。

 

 

【メッセ情報】

※メッセ会期・開催都市についてはメッセ・カレンダーをご覧の上、各メッセのウェブサイトをご覧ください。

 

  • WireShow 2021: 初設置のJapan Hybrid Pavilionはただいま出展者募集中です

メッセ・デュッセルドルフ・ジャパンは、2021年8月31日-9月2日に上海で開催される中国国際ワイヤー&ケーブル産業展「WireShow」に、リモート出展も可能なJapan Hybrid Pavilionを設置することになりました。出展資料などの情報はこちらでご確認ください。

 

リアル展:2021年9月8-10日|バンコク・BITEC + デジタル展:2021年9月11-17日|オンライン

精密医療機器の需要が高く、少子高齢化が進み、医療ツーリズムも堅調なタイにおける10回目の医療機器展は現在出展者を募集中です。出展費用に関するご案内をご確認ください。同展詳細は前回のファイナルレポート出展者の声をご覧ください。お問い合わせはこちら

 

  • REHACARE 2021 国際リハビリテーション・福祉・介護機材展:出展者募集中(申込締切:4月30日)

2021年10月6-9日に開催される、リハビリや介護福祉機器に関する同展は出展申込受付中です。出展申込に関するご案内をご確認ください。欧州を中心とした海外ユーザーやディストリビューターとのコンタクト、商談が可能なREHACAREへご出展ください。お問い合わせはこちら

 

  • K 2022:出展お申し込み期限は、531日(月)です

 世界最高峰のプラスチック・ゴム産業展Kは、次回開催(2022年10月19-26日)に向け、弊社企画のジャパン・パビリオン(素材 / 機械)、そして単独での出展参加お申し込みを受け付けています。全世界から意思決定者が集結し、活発な商談が行われるK 2022へのご出展を、貴社のビジネス戦略のひとつとして、ぜひご検討ください。単独・パビリオン出展参加に関する各種お問い合わせは、メッセ名をご選択のうえこちらにて。

 

  • MEDICA 2021 国際医療機器展:出展者募集中(申込締切:5月1日に延長)

2021年11月15-18日、世界最大の医療機器展MEDICAはハイブリッド展として開催を予定しており、ただいま出展お申込を受付中です。出展申込に関するご案内をご確認ください。出展申込に関する公式サイトでは最新のFAQ(英語)もご覧いただけます。ヘルスケア業界のグローバル・ミーティング・ポイントであるMEDICAを貴社販路開拓のために出展ご活用ください。お問い合わせはこちら

 

  • COMPAMED 2021 国際医療機器技術・部品展:出展者募集中(申込締切:5月1日に延長)

2021年11月15-18日、医療機器製造に関するグローバル商談展COMPAMEDはハイブリッド展として開催予定です。出展お申込を受付中ですので、ご検討中の方は出展申込に関するご案内をご確認ください。出展申込に関する公式サイトでは最新のFAQ(英語)もご覧いただけます。海外メーカーのエンジニア、開発担当者とのコンタクト、商談が可能なCOMPAMEDへご出展ください。お問い合わせはこちら

 

  • wire Tube 2022: 出展募集が始まりました

ワイヤー・ケーブル業界No.1メッセ「wire」と管材業界を国際的にリードする専門見本市「Tube」が2022年5月9-13日、デュッセルドルフにて開催されます。申込関連の情報は、日本語ウエブサイト「wire 2022」または「Tube 2022」をご覧ください(〆切:2021年6月30日)。

 

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う情報

 

ドイツ連邦保健省の発表によると、3月30日(火)午前0時(CEST)以降に航空機でドイツに入国する全ての入国者は、ドイツ入国前48時間以内にコロナ検査を受け、搭乗手続きにあたって陰性証明書を提示する必要があります(陰性証明書の提示がない場合、航空機に搭乗することはできません)。コロナ検査に要する費用は自己負担となり、この新たな検査義務は、さしあたり2021年5月12日まで適用されます。渡航予定がおありの方は、こちらから詳細をご確認ください。

また、メッセにご参加のお客様は特例措置としてドイツへの入国が認められています。ご参加をご検討の皆様におかれましては、下記の最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。

 

弊社およびドイツ本社の新型コロナウイルスに対する対応などを以下にて随時アップデートしていますのでご覧ください。

 

また渡航情報に関しましては、以下の最新情報をご確認ください。

 

 

【ドイツ語を学ぼう!】

ドイツ連邦共和国大使館・総領事館の Facebookへの投稿「今週のドイツ語」から、ためになるドイツ語をご紹介します。

 

Alltagsmaske:普段使いのマスク(日本とは規定が違うので要注意です!)
 

 

 

デュッセルNEWSは毎月15日頃配信しています。自動配信をご希望の方は、こちらからお問い合わせください。

 


     

    ㈱メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
    代表取締役社長:小原暁子
    〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニ ガーデンコート7F
    T: 03-5210-9951 | F: 03-5210-9959 
    info@messe-dus.co.jp | http://www.messe-dus.co.jp