デュッセルNEWS 2021年2月号

【リアルが共感を生む・野史を口伝で】

 

採用と組織編制の繁忙期に入りました。採用では、コロナ禍でオンラインの比重が大幅に高まり、新しい難しさが出てきています。入社後も毎日出社はままならないとすると、一体感・連帯感をどう醸成させてゆくか?難しいですが、ここはひとつ、「野史の語り部」に期待したいところです。

 

野史は正史の対義語です。各社の沿革が正史なら、そこに載らない・載せられないバックグラウンドやサイドストーリーにあたります。

 

昔、大先輩からお聞きした話です。世界海洋博というイベントを立ち上げ、当時の皇太子殿下(今の上皇陛下)をお招きしたいと宮内庁に日参、ついに叶った。ここまでは正史的ですが、いざ当日、殿下ご臨席のもと開会挨拶で「この海洋博で私は胃潰瘍になりました」とやって大受けだったと自慢気に語る先輩。大笑いしつつ「通訳さんも気の毒に」と返したものでした。

 

正史からはみ出る物語のリアルさは鮮烈に記憶に残ります。語り部の存在は、正史の行間や欄外には先人たちの試行錯誤があり、いま自分がいる現在につながっていると気づかせてくれます。物語を口で伝えることで生まれる豊かさは、当たり前ですが外とは比べようのないものです。

 

弊社では昨年、蓄エネ国際会議ESSJをハイブリッド開催いたしました。本年4月のvirtual drupaにスポンサーシップ枠ができたのも、本国に(うるさがられながらも)提案し続けたことによる変化です。さらにこの9月のバンコクの、CorruTecをはじめとする一連のイベントにおいて、Japan Hybrid Loungeという名称のもと、新しい出展のしかたをご提案いたします。

 

今更ながら、弊社には正史的な記録もあまりないと気づいたので、これを機に、笑いも苦笑いもある舞台裏のプロセスを大切にしつつ、正史と両面、刻んでいきたいと思います。

 

株式会社メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
代表取締役 小原暁子

 

 

CorruTec ASIA – 段ボール産業展、本年9月にバンコクでデビュー!!

 

オンライン販売がグローバルに拡充する昨今、それを支える段ボール産業は大きな注目を集めています。そのようななか、メッセ・デュッセルドルフ・アジアはこのたびタイ段ボール協会と協力し、2021年9月22-25日に、CorruTec ASIA - アジア国際段ボール産業展をバンコク国際貿易展示場(BITEC)で主催することを発表しました。関連する包装・印刷展PACK PRINT INTERNATIONAL、プラスチック・ゴム産業展T-PLASとの同時開催により相乗効果が期待される本イベントには、会期直前でもオンライン出展に切り替えることが可能な Japan Hybrid Lounge が初めて設けられます。タイはもとより東南アジア市場全体にも有効な本展で、貴社製品を効果的にアピールしてみませんか?  Japan Hybrid Loungeをはじめ、ご不明点・ご相談は、メッセ名をご選択のうえ、こちらよりお願いいたします。

 

wire & Tube Southeast AsiaGIFA & METEC Southeast Asia(9月22-24日)も、同会場にて行われます。

 

 

【開催報告】

東南アジア医療機器展(バーチャル)は、92の国と地域から約8,500人のビジターが参加し、初の開催となりました。出展者は38の国と地域から345社の出展者を数え、参加国最多出展者数となった日本からはジェトロ、東京都中小企業振興公社、福島県のグループ出展を含む60社が出展しました。詳細は同展ファイナルレポートをご覧ください。

 

 

【イベント開催のご案内】

interpackを旗艦プロジェクトとするinterpack alliance各展を紹介するブースを、南2ホール(S2-30)に設けます。会期中のご面談予定につきましては、こちらよりお問い合わせください。

 

 

【メッセ情報】

※メッセ会期・開催都市についてはメッセ・カレンダーをご覧の上、各メッセのウェブサイトをご覧ください。

 

世界の印刷・メディア業界が大きな関心を寄せる、2021年4月20-23日開催の完全バーチャル展 virtual.drupa へ、BOBST、Müller Martini、Windmöller & Hölscherを筆頭に、有力・注目企業が続々と出展参加を表明しています。貴社におかれましても、製品をグローバルに発信できるユニークなこの機会を、ぜひご活用ください!!出展参加についてのご相談は、会期が迫ってきておりますので、お早めにこちらよりお願いいたします。

 

  • インドネシア国際プラスチック・ゴム・加工・包装・印刷産業展

本年6月初旬に予定されていたINDOPLAS - indopack - indoprintは、諸事情を鑑みた結果、2021年8月11-14日への延期が決定(英文プレスリリース)、引き続き出展参加のご相談を受け付けています。東南アジア最大のマーケット・インドネシアで行われる本展を、貴社ビジネス拡充の一助として、ぜひご検討ください!!各種お問い合わせは、メッセ名をご選択のうえ、こちらからお願いします。

 

  • WireShow 2021: 出展者募集中

弊社グループが世界各地で主催するwire展に新たなワイヤー展を追加し、2021年8月31日-9月2日、WireShowを上海で共催することとなりました(プレス・リリース)。出展対象製品は、ワイヤー・ケーブル製造・加工機械、工具、関連機器、原材料、測定・制御・検査技術などです。現在、出展申込受付中です。出展申込資料をご確認ください。

 

リアル展:2021年9月8-10日|バンコク・BITEC + デジタル展:2021年9月11-17日|オンライン

精密医療機器の需要が高く、少子高齢化が進み、医療ツーリズムも堅調なタイにおける10回目の医療機器展は現在出展者を募集中です。出展費用に関するご案内をご確認ください。同展詳細は前回のファイナルレポート出展者の声をご覧ください。お問い合わせはこちら

 

  • MEDICA 2021(国際医療機器展):出展者募集中 (申込締切:3月1日)

2021年11月15-18日、世界最大の医療機器展MEDICAはハイブリッド展として開催予定。出展申込受付中です。出展申込に関するご案内をご確認ください。ヘルスケア業界のグローバル・ミーティング・ポイントであるMEDICAを貴社販路開拓のために出展ご活用ください。お問い合わせはこちら

 

  • COMPAMED 2021(国際医療機器技術)・部品展:出展者募集中 (申込締切:4月15日)

2021年11月15-18日、医療機器製造に関するグローバル商談展COMPAMEDはハイブリッド展として開催予定。出展申込受付中です。出展申込に関するご案内をご確認ください。海外メーカーのエンジニア、開発担当者とのコンタクト、商談が可能なCOMPAMEDへご出展ください。お問い合わせはこちら

 

  • K 2022:出展お申し込み受付スタート

3年ごとに行われる世界最高峰のプラスチック・ゴム産業展Kは、次回開催(2022年10月19-26日)に向けその準備をスタートさせました。弊社では、これまでご好評いただいているジャパン・パビリオンを、K 2022においても素材・機械両分野に設ける予定です。単独・パビリオン出展参加にご関心をお持ちの方は、2021531日(月)までにお申し込み手続きを完了いただきますよう、ご理解ならびにご協力のほどよろしくお願いいたします。出展参加ご検討に関する各種お問い合わせは、メッセ名をご選択のうえ、こちらにて。

 

 

【新型コロナウイルス感染拡大に伴う情報】

弊社およびドイツ本社の新型コロナウイルスに対する対応などを以下にて随時アップデートしていますのでご覧ください。

 

また渡航情報に関しましては、以下の最新情報をご確認ください。

 

ご参加予定のお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、正しい情報をいち早く皆様にお届けできるようスタッフ一同努めて参りますので、最新情報をご確認いただければ幸いです。

 

【ドイツ語を学ぼう!】

ドイツ連邦共和国大使館・総領事館の Facebookへの投稿「今週のドイツ語」から、ためになるドイツ語をご紹介します。

 

頑張って!トイトイトイ!
 

 

 

デュッセルNEWSは毎月15日頃配信しています。自動配信をご希望の方は、こちらからお問い合わせください。

 


     

    ㈱メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
    代表取締役社長:小原暁子
    〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニ ガーデンコート7F
    T: 03-5210-9951 | F: 03-5210-9959 
    info@messe-dus.co.jp | http://www.messe-dus.co.jp