デュッセルNEWS 2020年12月号

【松竹梅にも戦略がある、かもしれない】

2020年最後のデュッセルNewsですが、明るいお知らせで締めくくるというわけにはいかないようです。すでに本社および弊社ウェブサイトでご案内のとおり、来年1月から4月末までのメッセは、延期となったbootを唯一の例外として、すべて開催を見合わせることとなりました。

 

それでも実はこの決定内容は、本国から世界の子会社トップに共有されていた最悪シナリオ松・竹・梅の真ん中、竹でした(この場合、松と梅のどちらを最悪とするかは難しいところですが、便宜上ここでは松とします)。発表後に話した本国役員にも「No big surprise, right?」と言われ、まあねーと応じるしかありませんでした。

 

「情報はすべて開示」が基本の私ですが今回ばかりは、竹と梅はともかく、松パターンを社員に事前共有する勇気が出ませんでした。破壊力が大きすぎるし不確定要素が多すぎるしと自分に言い訳し、発表後に「実はこれ竹レベルで、松はさらに上をいってこういうパターンだったんだよね」と伝えるにとどめました。

 

実際には、全員とても冷静に発表を受け止め、社全体またプロジェクトごとの対応、抜け漏れないか、本国に確認すべきことは何か。即日共有の場を設けただけで、さくさくと進んでいきました。これなら松を伝えておいてもよかったのかなと思ったくらいです。ただ、昨日一人に聞いてみたら「いや事前には知りたくなかったです、絶望したかもしれません」。難しいものです。

 

今回の松竹梅について、対内部の箝口令は特に出ておらず、各社の対応を聞いてみたい気もしますが、それよりも本社も実は松は本気ではなく、竹のショックを和らげるためのものだったのではないかと思いはじめました。だとするとなかなか巧妙です。

 

先が見えないのはトップも社員も同じですが、社員を不安にさせないための努力が上には求められます。不安が噂話と憶測を呼び、浮足立って本業に身が入らなくなる、これを避けるためなら情報などどんどん出すべきと今も思います。が、ただ垂れ流せばいいというものではなく、あの手この手とさじ加減はそのたびごとの課題であり、知恵が試されるところでしょう。

 

組織は「気」のものだといいます。「笑う門に福来る」、これを続けていけば、きっと新しい年には明るい未来が開けるはずと信じます。少し早い年末のご挨拶となりますが、みなさまお体に気をつけて、どうぞよいお年をお迎えください。

 

メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
代表取締役社長 小原暁子

 

 

【開催報告】

  • 2020年11月16-19日|オンライン:初のバーチャル展となった virtual.MEDICA 2020 国際医療機器展(バーチャル)、virtual.COMPAMED 2020 国際医療機器技術・部品展(バーチャル)両展は以下の内容で開催されました。詳細はファイナルレポートをご覧ください。
    • MEDICA出展者数:1,319社(57か国)  日本54社 
    • COMPAMED出展者数:214社(27か国) 日本33社
    • ユニーク・ユーザー数:169か国より約45,000名(78%はドイツ国外)
    • ページ・インプレッション数:405,000ページ

 

両展のConference Areaでのプログラムの大部分は、2021年5月末までオンラインで引き続き閲覧可能です。同様にNetworking Plazaのマッチングサイトも引き続きチャット機能は利用可能で、上記は全て2021年5月末までの期間となります。

 

次回会期は2021年11月15-18日、ハイブリッド展として開催予定。出展お申込受付中です。お問い合わせはこちら

 

  • 2020年12月8日|オンライン:初のオンライン開催となったESSJ2020 (エナジー・ストレージ・サミット・ジャパン)は、約90名の皆様にご参加いただき、盛況のうちに閉会しました。世界各国のスピーカーと共にオンラインで活発な意見交換が行われました。

 

 

【メッセ情報】

※メッセ会期・開催都市についてはメッセ・カレンダーをご覧の上、各メッセのウェブサイトをご覧ください。

 

2020年12月9-18日、MFA2020はバーチャル展として320社(日本からは60社)の出展者参加のもと開催中です。今からのビジター参加登録も可能です(無料)。MFA2020出展者リストMFA2020製品ハイライト(国別検索可能)もご覧ください。海外の新商材を開拓する機会をお見逃しなく!本展に関するお問い合わせはこちら

 

新型コロナウイルスCovid-19の感染状況、渡航制限、法的枠組みを踏まえ、メッセ・デュッセルドルフは状況を再評価し、世界最大のボートショーboot2021の会期を2021年4月17-25日へ延期することが発表されました。

 

  • BEAUTY DÜSSELDORF、TOP HAIR – DIE MESSE Düsseldorf 両展への出展申し込み受付中!

通常、毎年3月に行われている BEAUTY DÜSSELDORFTOP HAIR – DIE MESSE Düsseldorf 両展ですが、2021年は5月最終週末に開催されます。刻々と変化する状況に対応するため、次回開催は、出展許可書(admission)が独本社から発信される前までのお申し出に対し、出展お申し込み取り消し料を頂戴しません。出展参加ご検討に関する各種お問い合わせは、メッセ名をご選択のうえ、こちらよりお願いいたします。

 

  • インドネシアを代表するプラスチック・包装・印刷産業展で、貴社製品を効果的にアピール

2021年6月2-5日の開催に向け、準備が着々と進められている INDOPLASindopackindoprint は、インドネシアのプラスチック・包装・印刷分野をリードする業界メッセです。本展への出展参加を通じ、世界が注目する東南アジアで最大の市場を誇るインドネシアで、貴社のビジネスを拡充してみませんか?  各種お問い合わせは、こちらにて

 

インド国際板ガラス加工機材展「glasspro INDIA」とインド国際ガラス製造・加工機材展「glasspex INDIA」は、2021年9月23-25日にムンバイで開催されます。glasspro INDIAの特別展として、ドア、窓、ファサードセグメントを対象するfenestrationpro INDIAも初めて併催します。

 

 

【ドイツ現地情報】

残念ながら今年はリアルなクリスマスマーケットを楽しむことはできませんが、お家にいながら雰囲気を楽しむことができます。すべてドイツ語のコンテンツになってしまいますが、毎週日曜日、現地時間16時(日本時間24時)には1時間のクリスマスマーケットガイドつき散策ツアーもオンラインで行われます。

 

 

【新型コロナウイルス感染拡大に伴う情報】

弊社およびドイツ本社の新型コロナウイルスに対する対応などを以下にて随時アップデートしていますのでご覧ください。

 

また渡航情報に関しましては、以下の最新情報をご確認ください。

 

ご参加予定のお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、正しい情報をいち早く皆様にお届けできるようスタッフ一同努めて参りますので、最新情報をご確認いただければ幸いです。

 

【ドイツ語を学ぼう!】

ドイツ連邦共和国大使館・総領事館の Facebookへの投稿「今週のドイツ語」から、ためになるドイツ語をご紹介します。

 

努力なしには報われない
 

 

 

デュッセルNEWSは毎月15日頃配信しています。自動配信をご希望の方は、こちらからお問い合わせください。

 


     

    ㈱メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
    代表取締役社長:小原暁子
    〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニ ガーデンコート7F
    T: 03-5210-9951 | F: 03-5210-9959 
    info@messe-dus.co.jp | http://www.messe-dus.co.jp