デュッセルNEWS 2019年7月号

 

K2019-世界をリードするプラスチック・ゴム産業展、会期まであと3か月

 

3年ごとにプラスチック・ゴム産業の最新製品・技術が世界中から集結するK – プラスチック・ゴム産業展の次回開催まで3か月を切りました。プラスチックの有用性と持続可能性、そして循環経済におけるプラスチック・ゴムに注目が集まるなか行われるK 2019は、まさにこれらの課題に応える展示・併催プログラムが大変充実しています。

会期3日目にあたる10月18日(金)には、毎回好評を博している「ジャパン・デー」も企画されています。ぜひK2019をご視察ください!!               

入場券オンライン販売などの情報は、こちらからご覧ください。

 

【開催報告】

2019年6月18日|東京:弊社サービスALLIANCEの加盟業者とサービス利用者となる出展者のマッチングの場として、今年も説明会を開催しました。一般的なプレゼンの後、ALLIANCE各社との具体的なご相談時間には活発な意見交換が行われました。

 

2019年6月25-29日|デュッセルドルフ:鋳造や金属加工に関する4つの専門メッセ「GMTN2019」では、出展者の約2,360社が72,500人の来場者と商談しました。日本からは50社の出展者、960人の来場者が参加しました。4年に一度のGMTNは次回、2023年6月に開催される予定です。

 

【イベント開催のご案内】

国際ワイヤー産業展「wire」/国際管材製造加工・ 技術展「Tube」の発表会・レセプションを2019年10月31日、東京で行います。ご参加お申込みはこちらからお願いします。

 

【メッセ情報】

※メッセ会期・開催都市についてはメッセ・カレンダーをご覧の上、各メッセのウェブサイトをご覧ください。

 

2019年9月11-13日にバンコクで開催される「MEDICAL FAIR THAILAND 2019」はBITECに会場を移し、過去最大規模1,000社の出展者で開催されます(日本からは約70社出展)。事前のオンライン登録で無料で入場していただけますので、ぜひご登録をお済ませください。

 

20余年の歴史と実績を持つPACK PRINT PLAS PHILIPPINES(フィリピン国際包装・印刷・プラスチック産業展)に本年10月開催から主催にメッセ・デュッセルドルフグループが加わるにあたり、drupaパビリオン設置に向け目下出展者を募集しています。drupa 2020に出展お申し込みいただいた企業に加え、これまでdrupaに参加してくださったご出展者が対象となります。

お申し込み期限は731日(水)と急ではございますが、ご関心がございましたら、ぜひともお早めにこちらからお問い合わせください。                                                

 

8月31日-9月8日に開催される「CARAVAN SALON 2019」をご視察予定で、まだ入場券をお持ちでない方は、お早目に購入手続きをされることをお勧めいたします。

 

【ニュース from Germany】

7月12日23:00から8月28日5:00の約7週間にわたり、エッセンーデュッセルドルフ間でドイツ鉄道の大掛かりな工事が行われ、この区間の駅には長距離列車(ICEやIC)が停車しません。デュッセルドルフ空港駅にも長距離列車が停まりませんので注意が必要です。

 

【ドイツ語を学ぼう!】

ドイツ連邦共和国大使館・総領事館の Facebookへの投稿「今週のドイツ語」から、ためになるドイツ語をご紹介します。

 

Sommerloch=静かな「夏の穴」
 

 

デュッセルNEWSは毎月15日頃配信しています。自動配信をご希望の方は、こちらからお問い合わせください。

 


     

    ㈱メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
    代表取締役社長:小原暁子
    〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニ ガーデンコート7F
    T: 03-5210-9951 | F: 03-5210-9959 
    info@messe-dus.co.jp | http://www.messe-dus.co.jp