About Us

【メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン】


メッセ・デュッセルドルフ・ジャパンは、ドイツ・デュッセルドルフに本社を置くMesse Düsseldorf GmbHの日本支社として1994年、東京に設立されました。

 

ドイツにおけるメッセ(=見本市)とは商談の場、つまり営業・顧客開拓の場であり、企業が新規市場の開拓や既存の海外ビジネス拡充を検討する際に活用すべきチャンスです。


この機会を最大限有効活用していただくため、メッセ・デュッセルドルフ・ジャパンは日本からご出展・ご来場のお客様に次のようなサポートを行っています:

  • ご出展・ご来場に関するお申込み、お手続きのサポート
  • ご出展準備のための情報提供を行う申込説明会
  • 欧州の専門家を招いた意見・情報交換の場となる「デュッセルCLUB」の東京開催
  • 運送、ブース装飾、旅行手配、資料のデザイン・印刷など、ご出展に不可欠なサービスを日本語で提供する連携サービス・プロバイダー「サービスALLIANCE」のご紹介
  • 会期中現地で行われる日本語でのツアーやセミナー
  • 現地で快適にお過ごしいただくための現地情報の発信

 

私どもは、常に「お客様のお役に立つ」ためのサービスに努めております。
ご批判を含め、ご意見・ご感想などありましたらぜひお聞かせください。

 

詳しくは、弊社パンフレット(日本語版)をご覧ください。

 

【Messe Düsseldorf GmbH(本社)】

 

会社名 Messe Düsseldorf GmbH
代表取締役社長Werner M. Dornscheidt
所在地Messeplatz 1, 40474 Düsseldorf, Germany
創立1947年
展示面積約 291,580 m2(17ホール)
株主デュッセルドルフ市(56.50%)、土地管理会社デュッセルドルフ
ライスホルツ(20%)、ノルトライン・ヴェストファーレン州(20%)、
商工会議所(1.75%)、手工業会議所(1.75%)

 

メッセ・デュッセルドルフは1947年以来、メッセを開発・企画・運営して参りました。
現在は5つの産業分野に集中し、デュッセルドルフをはじめ各国でメッセを手がけています:
 

  • 機械・機器・プラント
  • 商業・サービス
  • 医療・健康
  • 美容・ライフスタイル
  • レジャー
     

22のイベントが世界のナンバー・ワン・メッセとして認められており、例えば国際加工・包装産業展「interpack」、印刷機械業界のオリンピックである「drupa」、医療機器展の「MEDICA」などは、それぞれの産業において欠かすことができません。
 

おかげさまでメッセ・デュッセルドルフは、世界中で運営されるメッセのキープレイヤーとして活動を行っています。会場面積も広く(展示可能面積:約30万㎡)、その面積は東京ビッグ・サイトと幕張メッセの合計を上回ります。また、これまでメッセ・デュッセルドルフは、拠点であるデュッセルドルフのほか、世界五大陸のさまざまな違いを持つ文化圏で、鋭い観察力・分析力をもって1,600以上のメッセを開催してきました。現在メッセ・デュッセルドルフの6つの子会社と77の在外代表部が、世界141か国(2019年1月現在)でのビジネスへのエントランスとしての役割を担っています。
 

本社メッセ・デュッセルドルフの詳細情報についてはwww.messe-duesseldorf.comをご覧下さい。